ストレス症状が現れたら精神科で診察を受けよう

精神疾患の治療

微笑む男性

精神科の医療機関を利用する時は、診療科目の名前や病院の機能・場所などに注意が必要です。精神科の患者数は増加傾向にあります。この背景には、高齢者の増加、長期入院患者の増加、うつ病の増加の三つあります。

More Detail

心の症状を改善

カウンセリング

心の症状が顕著に現れている場合には精神科での治療がベストとなります。受診の際には前もって問い合わせを行い、自身の症状や好みにあった医療機関をピックアップしていくことが大切なポイントとなります。より賢い選択が出来るように、事前の情報収集はより重要になっていくのです。

More Detail

心の病気を治す場所

男の人

心の病気の症例

社会人や学生はもちろん、専業主婦や高齢者でも何らかのストレスを抱えています。つらい経験や苦しい時期は長い人生の中で誰にでもあるものです。人間の心というのはそれほど強くありませんから、大きなストレスにさらされたり負担が重すぎたりすると病気になってしまいます。心が病気になる前には心と体のバランスが崩れてさまざまな面で不安定になるものです。そうした状態が長く続いた末に病気を発症してしまうとも言えます。そんな心の病気を精神科では治療しています。一口に心の病気と言っても数多くの症例があって、それぞれの病名には症状が反映されているものです。一例を挙げると、不安障害では何らかの対象に対して強い不安や恐怖を感じるようになります。異常な発汗や動悸・頭痛といった身体症状が伴うこともあります。それらの身体異常に不安感や恐怖感に伴うようであれば不安障害が疑われます。この病気はかつて神経症と呼ばれていました。社会不安障害やパニック障害・強迫性障害といった種類がある他、特定のものに対する恐怖症も不安障害の1つに分類されています。うつ病は精神科で扱う中で最も患者数が多い病気です。双極性障害を含む気分障害の1つに分類されますが、両者は症状が似ていても治療法が異なります。この他にも思春期の女性に多い摂食障害や、アルコール依存症なども精神科での治療を要する病気です。不眠症または睡眠障害と総称される病気のうち、器質的な原因によらない症状は精神科での治療が有効とされています。以上の他にも数多くの精神疾患が知られており、それぞれに専門的な治療法があるのです。

心の病気なら治療できる

前述の不安障害を治療する際には、心理療法の有効性が広く知られています。心理療法にはいくつかの種類がある中で、うつ病の治療にも利用される認知行動療法が不安障害の治療に優れた成果を発揮します。発病の原因となった強度の不安や恐怖を取り除くためには、精神科医や臨床心理士との対話によって患者さんの思考法を変えていく必要があります。症状の進行具合によっては治療に時間を要することもありますが、この方法は薬よりも高い効果が期待できます。心理療法の効力を安定させるために薬物療法が併用されることもあります。うつ病の治療では逆に薬物療法が中心となります。気分の長期的落ち込みや否定的思考といった特有の症状も、脳の神経伝達物質減少という明確な原因によって発生することがわかっています。抗うつ薬を服用することでこの状態を少しずつ改善させるのがうつ病の確立された治療法です。薬の効力をよりいっそう確実なものとするため、認知行動療法や対人関係療法が併用される例も少なくありません。精神科ではあらゆる手段を使って心の病気を治してくれるのです。拒食症や過食症といった摂食障害の治療では、患者さんの状態や環境条件に合わせた治療法が選択されます。心理カウンセリングが有効な患者さんもいれば、必要な栄養素を補給する分子整合栄養医学の方法が適した患者さんもいます。行動制限療法を実施するため入院を要することもありますが、トレーニングによって標準体重に戻ることのできたケースも多く報告されています。アルコール依存症の徹底治療でも入院によって大きな成果を上げており、科学的な有効性が証明されているのです。このように精神科には心の病気を治すための科学力とヒューマンパワーが結集されています。1人でも多くの患者さんが心の健康を取り戻せるようにと、精神科医をはじめとする医療スタッフは日々医療業務に励んでいるのです。

心の健康と生活を守る

女の人

精神科は、心の病気や症状を治療するところで、治療の中心は薬物療法になります。精神科は、入院できる環境も整っているためしっかりと治療を行い社会復帰できるようにして尚且つ家族の負担を軽くするために入院することも治療に効果的であると言えます。

More Detail